ENTRY

ENTRY




ENTRY

MESSAGE

メッセージ

ceo

「あすフィット」というコミュニティで

次のステップに向けて一緒に働いてみませんか?

弊社の採用ホームページをご覧いただきありがとうございます。
あすフィットの代表の松坂と申します。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。
社会人としては、ずっとシステム開発業に携わってきました。
はじめは、とある製造メーカーシステム子会社にて
親会社で利用する設計業務をサポートするシステム開発に携わりました。

グループ会社ならではで、直接お客様の声や利用している現場の状況に触れる機会にも恵まれどのような経緯をたどってシステム化の要求が発生し、それがどのようにシステム設計や開発に流れていくのかを、直接体感で学べた貴重な経験でした。

システムが稼働して一定期間したのち、技術者として新しい経験をしたく転職しました。
そこではSESを主体として様々なお客様の開発案件に携わりました。
その後、再度転職し、在職中にあすフィットを設立しました。

現在は、システム運用保守を担当させて頂いてます。
SESの開発として携わったシステムで、感慨深く、やりがいを感じて担当させて頂いてます。

システムに関する上流工程から開発v・運用保守と一通りシステムのサイクルを経験してきた背景があります。

あすフィットについて。

弊社はベテラン技術者の集まりという側面の強い会社です。

これまでの転職と仕事の過程で出会ったメンバーです。
各自がこれまでお世話になったお客様との縁が主体となって日々の業務に取り組んでおります。

各自がそれぞれのミッションを遂行することで、それが自ずと会社の成長につながるという
ことが、あすフィットならではの特色のひとつです。

少人数ながら幅広い年代で構成されているので、そこからの新たな展開が生まれるコミュニティでもあり、
各自がそれぞれのお客様を大事にしているからこそ生じる闊達な議論もあります。

そんな弊社が定めたキーワードは「学び」です。

一度学んだら終わりではなく学び続ける事に意義があると考えます。
それはお客様の仕事に真摯に向き合うことが生きた学びとなり
それがまたお客様に貢献する次の力となるという
そのようなサイクルを大切にしたいと考えております。

あすフィットでは、そのような背景を土台に各自が続けてきたシステム開発の経験を軸に
教育をテーマとしたICT支援を視野に入れた事業を展開することを、新たなステップの目標に掲げました。

文部科学省が推進している学校へのICT支援員の配置があります。
新しい学びの形を実現していくにはICT支援員は不可欠な存在です。
ICT支援員の活躍の場は広く大きいものと考えています。

組織に属しているICT支援員という立場となれば
本来のITC支援員としての役割に集中して取り組むことができると思います。
ICT支援員が組織の立場として強みを活かしこれからの新しい学びへの貢献ができる、
そのような環境づくりを目指していきたいと考えています。

その次のステップに向けて弊社で共闘・活躍して頂ける仲間を募集しています。

「あすフィット」というコミュニティで次のステップに向けて一緒に働いてみませんか?

代表取締役社長

松坂 大介